FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不快な記憶の書き換え


感情の書き換えが出来るという研究内容を見た。

色々なことを考える研究者がおるものだ。


PTSD(心的外傷後ストレス障害)のような、
突発的・瞬間的不快な出来事に対する効果は期待できそうな感じに思えたけれど。
うつ病(長期間蓄積されたもの)にはどうなんだろうか。

治療の目的が主だから、大衆に降りてくるのは、かなり先になるだろう。
けれどこれが一般化されるようになれば?

今、必死で「負」を「快」にするような努力をしている人も
引き寄せの法則とか考えなくても物事がスムーズに進むこと間違い無しだろう。
簡単に「負」を「快」に出来るのだから。

近い将来、「負」を考える。
というのが、嘘のように感じられることになるのだろうなぁ。

『ン十年前の人たちは、「負」という存在に苦しめられていたんだって!』
『え~!!「負」って何!?』
とか?

近未来は、スピ系でよく云う、殿上人のような人間社会が出来上がるのだろうか?
でもって、「負」を好んで体験しようとする人が増えるとか?
なんか、お笑いにすらならん恐怖を感じるのは気のせいだろうか。


しかし「負」の記憶を「快」に変換させるというのは……。
どうなんだろう?
色々と恐怖ネタになりやすそうな、そそられる研究内容ではあるけれど。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。