スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

15日

ヂリン♪ ガン♪ カツン♪

尻尾の紙を手でつかみ、フチにガラスを軽く叩きつける。

「んーーーん、イマイチ」
額に皺を寄せながら、むぅ、と唸り、自分の手と紙を比べてみる。

「力加減が、難しい、のね」
よっし。
軽く紙の端を持ち、
そうして何度も何度も何度も、叩きつけてみたけれど。

――ガツン。

……重い、嫌な音が出るだけ。
あの軽やかな、澄んだ音色は、どうあがいても出そうにない。

はぁ。一つため息をついて、再度自分の手と紙を比べてみた。
「やっぱ手で動かしただけじゃ、綺麗な音が出るわけないか」
強がりを云って、私は紙から手を離してみる。

ふわり。
短冊は簡単に、手から離れていく。
羽根が生えたように、ゆっくりと、たおやかに。
まるで、私の元から自由になったのを喜ぶかのように。
けれど、自由になった短冊は、空気の抵抗を受けて静かに止まってしまった。

カツン。
最後に短冊に付いた重りがガラスに当たって、単なる音だけを出した。

「風に吹かれてこその、音色、なのかなぁ」
まじまじ風鈴を眺めてみたけれど、そんなの私にわかるわけがない。

ガラスには真っ赤な金魚と浮草が描かれていて、
短冊には、赤い金魚を見つめるように、黒い金魚が描かれている。
絶対に交わらない赤と黒。
自由な赤い金魚を羨む黒い金魚。

そう思うのは、私が自由じゃないから?
自由を望んでいるから?
でも、自由って、何?


風に命を与えられる風鈴だけれど、今、風は吹いていない。
だから本来の意味を果たしていない。
だから風鈴を手で揺らしてみた。
それだけ。

「結局はくたびれただけ、か。
背伸びをして、手を伸ばして、こっちゃった」
ううーん、と体を伸ばし、私も自由になることを選ぶ。
選択の自由は誰にでもある。
でも、風鈴も私も。
ほんの少しの、範囲付の自由でしかない。

「くたびれもうけ、っていうけれど。
儲けなんてなかったわ。
誰が持ってきたのかしら、この風鈴」

八つ当たりをするように、忌々しげに、風鈴を眺める。
けれど、風鈴はうんともすんとも云うことはない。

あれからどれくらい経つのかしら?


学校は夏休み。
部活動は、今日は休み。
今日は、記念日。
そう、戦争が終わった日。

ここは戦時中以前からある、古ぼけた学校だ。
歴史遺産とばかりに、残された学校だ。

今日は誰も学校にはいない。
静かにこの日を迎えるため、今日は誰も学校に入ることを許されていない。

教室の窓はどこも開いていない。
風が吹くことも無く、空間の空気は流れない。

廊下はシンと静寂が漂っている。
外からはセミのうるさい音が鳴り響いている。

窓ガラスに手をかけ、頭をこつんとぶつけてみた。

内部と外部との距離は、この窓だけなのに。
どうしてこんなに距離があるんだろう。

私は廊下の窓から、ぼんやり外を眺めた。
誰も居ない校庭は、あの当時を思い出させる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。