スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雀(エピローグ)

『やれやれ。もう人間と関わりたくないもんだね』
腹を下した雀(A)は、爺さんを連れてきた雀(B)にブツブツグチグチと呟きます。
それに呼応するかのように、雀(B)は答えます。

『そうかい? 俺が連れてきた奴は、結構評判がよかったみたいだぞ』
その会話に雀(C)が参加してきました。
『まぁ、そう云うなよ。もう金輪際こんなことが起きることはないだろうからさ』


『でもさ、笑えるよな』
雀(A)が仲間の雀に云うことには。

俺の腹を下した原因を作ったじいさんにゃ、
土産と称して俺たちの庭から出てくる不用品を入れておいてやったんだよ。
大小、どっちにもね。
さぞかし困ったことになっただろうな。
しししっ。

そう楽しそうに笑う雀(A)でしたが、
それは人間にとっては屑ところか大変なお宝でありました。


『おまえ、そんなこと、したのか……』
呆れる雀(B)に、
『そうさ、あいつ等が悪いんだろう』
雀(A)は心底楽しそうに笑います。

過ぎてしまったことはどうしょうもない。
雀(B)はそれ以上追及することはしませんでした。
が。しかし。

『長老から云われなかったのか? きちんと接客しろって』
チクリ、と釘を刺しました。

むかり、と腹が立った雀(A)は、
『なんだよ、偉そうに。
そういうお前はあの葛籠に何を入れたっていうんだ?』
そう問われた雀(B)は
『俺たちが大切にしている貴重な食料を分けてやったんだ』
平然と答えました。
それを聞いた雀(A)は、唖然としてしまいました。

ようやく我に返ると、
『え? マジでかよ』
雀(A)は、雀(B)に呆れ顔を寄越します。
そんな視線をものともしない雀(B)は、
まぁ喜んでくれるといいんだけれどな。
誰に聞こえるでもなし、ぽつり、呟きました。


――雀にとって、金物類は邪魔なゴミでしかなく。
雀にとって、虫は大変貴重な御馳走でした。

そうです。爺さんに渡した葛籠に入っていたのは。
雀の大切な食糧でもあり、
その中でも雀にとってはえりすぐりの超一級品ばかりだったのです。


価値観というのはまるで違うもの。
雀(A)の思惑は見事に外れ、正直者のじいさんたちは、人間界で貴重な金銀財宝を。
雀(B)の思惑は見事に外れ、雀の大切な食糧は、爺さんたちにとっては恐怖のものでしかありませんでした。

尚且つ、その価値を知るじいさんたちが、それらを売り払い、
結果、金銀財宝へと変化させてしまい、
その富をじいさんたちが全て受け取ってしまったのです。

結局、雀(B)が期待した、爺さんが喜ぶ顔などは見ることも出来ずにいました。

そうしてその後の爺さんたちは、あんな事が二度とあっては困ると考え、
鳥たちとは縁のない生活をのんびり送ることになったのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。