スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dish 7


ウェイターの言葉に。
”へへっ。俺様もじっくりと、ご賞味させてもらうよ”

今は攻撃してくると思っていたナイフとフォークでさえ、
俺様の味方に思えてくるから不思議でならない。

“おい、お前等、上手い具合に切って、それをここの割れ目に落とせ!”
“えぇぇぇぇ…。そんな。僕は人の手にかかっていて、自分じゃ動けないんですよ~”
情けない声のナイフは相変わらず皿に振り回されていました。
相方のフォークは、今までのように皿をからかえなくなり、だんまりを決めこんでいます。

時々、ナイフとフォークの使い方が分からない人間は、
皿の腹をぶち抜かんとするくらい力をかけますが。
皿にとっては、ヒビが大きくなるのでなんとか我慢が出来ました。


ヒビが広がるほど、俺様の体内に入る味わい深いもんが増えるな。

体内に入るものの味わいを感じつつ、皿はふと思います。

しっかし、老皿とかそういった仲間たちは、みんなこんなことをしていて、知ってて。
新参皿には云わなかったのか? ひで―奴等だな。

皿はそうひとりごちますが。
そういう皿も、新しく入る皿に、何も教える気は全くありませんでした。
意気がる新皿に、何を云っても無駄ということを、自ら体験しているからです。


味を占めた皿のヒビには、その内に段々と美味い固形物が入る量も増えていきました。
最初は客の食べ残し。
それらをぺろり、と平らげます。
“滲みこんでくるもんよりも、こりゃ元気になれるぞ!”

味を占めた皿は段々とエスカレートしていくようになりました。



客同士の歓談中。
皿の上で切り分けておいた食材が、一つ二つと、彼等が食べる前に消えていくのです。
客は不思議に思いつつも、歓談が楽しく、無意識に食べていたのだろう。
自らをそう納得させました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。