スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チョコレートとマラソンとわたし


聞いて、聞いて!
東京で、給水所ならぬ、給チョコ所があるマラソン大会があるって!


それって、体に悪くないかい?
胃もたれしそう…。



あんたっていう人は…。
メインはマラソンじゃないでしょ!チョコなんだから!
高級チョコから、デザートまであるって聞いたけれど
参加賞や、3位入選者にご褒美もあるって!
あっ。申込み日が…。
スポンサーサイト

STAP細胞


ちょろっとしか記事読めなかったけど、明るい話題だ!
若手が主導して、しかも女性!院を卒業して数年とか?!嬉しい快挙だ!
日本は女性研究者が評価されるの稀だから!!


写真、凄かったよね。


でっかい指輪!このブランド一気に有名になったぞ。


お洒落で可愛い物も好きで、器具にシール貼ってるって。
壁は好きな色を塗っているとか…。
どんな研究所なんでしょ?


ネイチャーに論文突っ返されたって見た時は笑えた。小っちゃいな。権威者って、どうして閉鎖的なんだ?


権威者の集まりからすれば、怒りたくなる論文だったろうね。
(先入観に囚われている例を見せられているような……)
シンプルだけれど、そこまで行くのは大変だったでしょうに。
認められてよかったです。


植物ではわかる。しかし動物でそうなるのかってたってさぁ。
そりゃ植物と動物じゃ細胞が大きく違うけど。


本当に「生物学の教科書を書き換える成果」であり。
ありとあらゆる難しいことをしてきた人にとっては。

拍子抜け…。
ではなかろうかと。

ips細胞よりも簡単で、子供でも出来そうな実験だものね。

きっと頭が柔らかいんでしょうね。



生きもの。
特に、植物(ウィルスとかも)類は、自身の遺伝子を残すために。
外部環境が変わると、防御に入りますからね。
固い殻に自分を覆う。
ある意味、冬眠状態というのでしょうか。

時々、遺跡から種もみが見つかって、生育が出来た。
とか聞きますよね?

でも、動物は。

基本はそういうことが出来ませんからね。

卵子とかの細胞保存は出来る、みたいだけれど。
植物の種のように、環境が整えば発芽する(人として生き返る)
などは、現段階では在り得ませんからね。

近い考え方では。
Cold Sleepとかありますが(実際に私的会社が行っているとか)
本当に目覚めるのか。今はわからないですからね。

そういうことだけでも、植物と動物を同列で見れない訳ですから。
(私の考え方だから、生物学の権威者はどう考えているのかわからないですよ)


従来の主流、「正しい」があると。
別の方向性は「正しくない」と反発される。
最初に発見されたものは、いつも叩かれる。
というのも仕方のないこと。
数百年もすれば、笑い話になっているんですかね。
天動説と地動説を思ってしまいましたよ。

今後は、世界の研究者が追試するんでしょうねぇ。

酸と細胞のどこが反応するんでしょうかね。
小さい刺激(酸)とありましたが。
細胞にとったら、大きな刺激かもしれないのにね。
酸がどれくらいの刺激になってるのかは。
細胞に聞いてみないとわからない。

ストレスはどんな生き物にとっても、進化する上で必要な物とは云いますが。
酸がどれだけのストレスを与えているのかな?

現状は、若いマウスしか成功しないとのこと。
興味津々。
生後何日のマウスまでが成功したんでしょうかねぇ。
何匹使ったんでしょう?
同じマウスからは、どれくらいの成功率だったのか。

何はともあれ。結局は。
細胞分裂の回数が沢山ある、若いマウスのみ。
ということなんでしょうかorz…。
若いって、いいなぁ。
人間に応用されるのはいつのことやら。

そういえば。今って、マウスが主流なんでしょうかね?
安価で、取扱いしやすい、場所をとらない、などなど。
そう考えると、仕方無いのかなぁ?
追試では、何の動物を使うのかしら?


今回の記事を読んで。
何事も、シンプルなのがよいのかな。
と思った次第です。
難しく考え過ぎないで、簡単に考える。



「どうしてそうなるのかはわからない」
とも書いてありました。
まさに「偶然の産物」

物理学も化学も科学も…。
わからない、けれど、なぜかそうなった。
というのが本音のようですよね。

これって精神世界にも通じることですよね。
物理は精神世界と相まっているとも云われますし。
何事も繋がっているんでしょうかね。

まぁ、研究には、結果(考察も)が大切。
そのためにやっているようなものですから。
でも。
実験の結果をみて、読み解くのは人間。
考察・論理などは、全て人間の考えが元になってますからね。

人の能力の限界を超えることは。
想像出来ないものなのかも。

そう考えるだけでも、面白いです。
だって。

結果は○○になった。

どうして?

人間の持つ知恵から、ある意味想像して、○○になったんだろう。

なのですから。
自分の知識が無ければ。それ以上は想像出来ないのですから。

化学反応式みたいに、ここにくっつくから。
と単純に、顕微鏡で見れてわかるものもあれば。
そうでないものもある。んですから。


つまんない御託はいいよ。こういう話しはワクワクする。それでいいじゃん。理屈屋。


……。

許可(天使さんより)


「すべからく。他者に許可を委ねるものではない。
生まれたこと。すでに汝の存在許可は下りている。
汝の価値を他者に求める理由はない。
この世に存在する。それがすでに素晴らしい価値である」

自分優先で

心にゆとりが無いところに始めたって。
うまく行きっこありません。

ましてや。
自分をなおざりにして他人を考えるなど、無意味です。

他人=自分
というのであれば。

自分を大切にすることこそ、他人を大切にしている。
ということに他ならないから。

とりあえずは。
自分を大切にすることです。

ゆとりが出てきたら。
自分=他人
となって、手を差し伸べられる余裕が出てくるものですから。

断れない人

物事を頼まれたら。
お互い様。
それ以前に、自分が困っていたとしたら?
こちらが困った時はお願いするかもしれないし。
が、出発点にあった気もします。
(そう考えることがすでに。
見返りを求めているようにも聞こえてくるかも…)

でもね?
相手と自分は考え方も習慣も違う。

情けは人の為ならず。
とか考える余裕がある人ならば。
率先して相手を手伝うのもよいかもしれませんが。

そういう余裕が無い人は。
やめておいた方がよいと思います。

とりあえずは、自分優先で。

断れる人

周りには。
私に毎回頼みごとをするけれど。
私が頼むと、絶対にやらない!
と拒否する人がいました。

(まぁ、それも引き寄せてしまっていたのでしょうね。
今はそういうのはほとんど減ってきてますから)


当時は、お互い様じゃないの?!と心の中で怒ってもいましたが。
(心で怒るくらいなら、そう云うか、自分は手一杯だからと拒否すりゃよかったのに。
でも出来なかったんですよね)

それ以上に、あっさり断る人が羨ましかったのかもしれません。
でもって、私はこれだけやっているのに、相手は返してくれない!
と見返りがあるのが当たり前だと思っていたんでしょうね。

その時点で、考え方のベクトルが間違っていたと。

もう一人の自分

知らない内に視線が行く。

そういうことは、よくありますよね。

それが、もう一人の自分です。
それが、無意識です。

何が無意識に落ちているかな?
と思うのであれば。

ぼーっとしてみることです。

その時に出てくる思考や向かう視線。
それが一番わかりやすい、無意識で考えていることです。

何で「嫌なもんばっかり引き寄せるか?!」


最初に。
「嫌なこと」と自覚していた時に。
断らなかったから。

そう。
それだけ。

最初に「断る」という、意識的に主導権を握っていれた時に。
面倒だの、ちょっとくらいいっかだの。
そう思ってやっちゃったから。

それだけ。
それだけなんですよね。



なんで「嫌」を探すか?

だって座りが悪いから。

習慣化されてしまったことって、やらないと気持ち悪くなりませんか?
歯磨きが習慣化していると、磨かないと気持ち悪い。
歯磨きの習慣化してないと、磨かなくても平気。
それと同じなんですよねぇ。

で、面白いのは。
磨かないと虫歯になる!と思うと虫歯になると。

って話しがずれましたが。


いくらやりたくない!って、表層意識が思っていたところで。
しかし無意識は。
いつもやっていたんだから、そうなっていないと気持ち悪いんじゃい!
ってなっちゃう。



無意識 強し!

よく何かあると。
「他人が悪いんじゃい!」
と、思いますよね。
(え? 思わないって?
そういう立派な人は置いておいて)

で。
「それは自分が引き寄せちゃっているんですよ」

なんて云われたって、反発しますよねぇ。
普通は。

でも、それは。
無意識に「青い色」を探しているのと同じで。
無意識に「嫌な事」を探しているのと同じ。

で、引き寄せの力が強くなるほどに。
そういうことを引き寄せているという。

無意識 強し

相手が云った「否定形なもの」が、無意識に落っこちたらば。

自分の中にいる「もう一人の自分」が、無意識にそれを探し始めてしまう。

その「もう一人の自分」が、「無意識(の自分)」、ということで。

相手から、受動的に何かをさせられているんではなく。
自分から、能動的にソレをしている、ということ。

無意識に落っこちた命令は。

自動化されて、その言葉や行為を探してしまうorz

もうね、本当に無意識です。

時々よく云われますが。

目の前にある「青い色」を探してみて!
というと。
意識的に「青い色」を探しますが。

無意識に「青い色」を探す、が落っこちちゃっていると。
いつも無意識に「青い色」が目に入ってくるんですよね。

そういうように、物体があるのだとわかりやすいと思いますが。

「他人の命令を探して従う」という、目に見えないものって。
意識しようがしまいが。
わかりにくいんですよね。


だから気づき難くて、厄介なんですよね。

それが三次元・四次元世界の差なんでしょうかねぇ。

今日は大寒

小寒から15日目。
寒い。
暦では、寒さは立春までと云いますが。
これからだよね…。寒さって。

罠に、はまる

最初は他人に命令されて。嫌々だった。
小さいことだから、断るのも面倒だし、我慢した。
ということもありますが。

その内に?

自分の中に、相手の行為・行動・命令などなど。
それらを、いつの間にか、無意識に、自分の中に受け入れてしまう。
そういう土壌が出来上がっていく。

そうすることで起きる弊害とは?

無意識に落っこちる。

そうなるとどうなるか?

冬~ 


毎日寒くて辛いです~

辛いに棒線プラスすりゃ、幸せ

言葉のマジック 

 


春が待ち遠しいわ


罠に陥る

自分で判断せず、
(暴力があった場合もあるので。
判断をさせてもらえる状況ではなかった。
ともいえますが)
相手の云い分だけを、右から左へと受け流すのが当たり前になってしまった。

というのも原因なのでしょうね。

嫌なことは、小さい内に断らないと。
後々、すごいツケを払うことになってしまいますよ…。

断る事が出来なかった

なんでか

って考えると。


相手に依存していたから。
というのもありますが。

『断るのはいけないことだ!』
『目下が目上に逆らうのは生意気だ!』
という、強制力を持つ教えがあったから。
とも云えます。

で。
そっから独自のルールを自分で作り上げていき。
というよりは。
自分で作り上げていった、がために。
自分の中で、相手に云われる前に…。
「自分の意思」で、強固なモノにしてしまったというorz
(負を引き寄せている根底を、自分が作り上げた。
そう認められないのが、この点なんでしょうね)

えぇ、それが罠!なんです。


断ること

昔は断ることが、いけないことだと信じていました。

なので、断れませんでしたorz
(とはいえ、表情は微妙だったかもしれません)

その結果。

いっつも、後々になって。
自分が、より一層困った羽目に陥る。
というオチ付き。

いい加減、わかれよ
ってなことが沢山ありましたっけ。

でも、どぉっぷりとその中にハマっていると。
わからないものです。


今思うと。
自分にとっても、相手にとっても。
失礼だったんですよね。

嫌なことを断らないのは、美徳でしょうか?

断る勇気というのも必要であり。
断れない人は、断るという行為そのものが「課題」なのかもしれません。


引き受けるとき。
断るとき。

その時、自分の心はどこを向いていますか?

成人式


連休になったおかげで、ゆとりある成人式を迎えることが出来るんでしょうね。
よい成人式をお迎えください。

テレビを見ると、色々な成人式がありますね~。

が。
一番目立つのは、ディズニーランドでしょうか。
地域色豊かなのはよいのでしょうが。
成人式としては、一番違和感のある場所にいつも思えてしまいます。

成人式は現実に目を向ける、はずが。
夢の国へようこそ。
なので、私は違和感持つんでしょうねぇ。

現実世界は夢の国。
というのであれば、それも有りでしょうか。

というよりも、考え方が硬いんだよ!)


心の声を聞いてますか?

自分を大切にする。
それは、自分主体で考える。

それが出来なければ。
第三者の目で考えてみる。

それが一番簡単なやり方なんでしょうねぇ。
きっと。

どこを向いてますか?

何かをするとき、起きたとき。

これも意味があることだよ。
と思いませんか?

というよりも。
「意味あることだ」
そうやって、無理矢理に自分を納得させようとしていませんか?

そうやって、受け入れるのは確かに必要かもしれません。が。
が!


それって、本当ですか?

他人に流されていませんか?
自分で考えるのが面倒になっていませんか?

そうだとすると。
そこには「何か意味がある」ではなくて。
そこには「何にも意味が無い」ことになります。

どうして断れないのか?

自分を大切にする。
というのを考えると。
「断る」という行動は大切なこと。

出来ていますか?

日本人として、考えると。
それはちょいとな…。
と思うかもしれません。

でも、でもね?

自分が嫌だなぁ、と思って断らなかった大半。
その後、尾を引きませんでしたか?
自分だけならともかく、相手まで。
微妙な空気が暫く流れていたりしてませんでしたか?

自分を大切にしていますか?

今年は「自分」を大切にする。
というのがテーマみたいですね~。



さてはて、あなたはご自身を大切にしていますか?

しているよ、と思っていても。
年末年始、暴飲暴食やら、してませんでしたか?
えぇ、ワタクシしておりましたorz…。


心と体のバランスは、慣れないと取るのが難しい気がしますが。

心:もう十分満たされている
体:何か物がりない…

そこの差に、食べ物ではない、満たされない何かが隠されているんですよね~。

「心=体」となるには。
そこを見ていかないと、いけないのでしょうね。


人生の先達者たち

よくアチコチで目にします。

で、よく云われているのが。

「仕事のために、生活をするのではなく。
 生活のために、仕事をしなさい」

今の世の中、それが出来る人って。
どれくらいいるんでしょうね。

夢を見てますか?

眠気が襲ってきます。

時間的概念が無い。
という意味の「夢」を見る場合は。

現実に起きたことを「夢」として、再現させられているだけ。
なので、記憶に在って当然のもの、というか。

すでに現実に起きたことを。
「夢」で見たじゃん!というよりは。
追体験させられている感じというか。
元々あるものを、先に見ちゃっただけというか。

録画した「自分が主役の」テレビドラマを見ているというか。
(ちょっと違うか?)

まぁ、テレビの録画場合は。
素人ではやり直しが出来ないけれど。
「夢」を覚えている場合は?

変えられますよね。
これから成ることが分かっているのだから。

正夢を見たならば。
それを元手によい方向へと変えていってしまいましょう。

というか。
この現実が「正夢」の続きと考えると?

「現実」を、力を入れなくても、
何だか簡単に変えられそうではないですか?


夢、見ていますか?

いえね新年だからの「抱負」という意味の「夢」ではなく。
新年だからこその、「初夢」という意味での「夢」ですが。

よい「夢」見られましたか?
イマイチならば「逆夢」
よかったならば「正夢」
って、考えちゃいましょ♪



夢見石とも云う貴婦人さんを枕元に置いてみましたら。
結構、夢を見ます。
というよりも。
覚えている率が高くなったのかしら?

その夢は、正夢になったりもします。
が。

そもそも、時間の概念が無い。
という考え方をするのであれば。
現実に起きたことが「夢」として、再表現してくれている。
ということにもなります。


そうなると?





今日は小寒

寒いと書くだけあって、今日は寒い一日でした。
ぶるぶる。

これから節分まで寒さが増すとか!?
寒いの苦手~…。

孤独のグルメ


これ、面白いぞ!
「孤独のグルメ



ってなことで。
久々にテレビドラマを見ました。
知ってる人は知っている?
原作は漫画みたいですが。

「人間同士のドラマ」が、無いドラマ、というか。
いや、一応「人間同士のドラマ」もあるんだけれど。

この主人公、いいわ~。
食欲>他人
他人に関心はあるけれど、ある意味他人に無関心(笑)
主人公の心の突っ込みも楽しいわ♪

毎回、ほとんど時間を割いているのが。
主人公が。
食べる、食べる、おいしそうに食べる!

メニューに迷ったら、二個選ぶとか。
迷ったら、メニューの上を選ぶとか。
普通の人の、食事風景だけなのに。
なのに、何であんなに引き込まれるんだろう。

お店は実在するお店みたいです。
孤独と名乗る通りに、一人で気軽(?)に行ける所ばかり。
何か、いいなぁ、こういうお店。



これ見ていて思ったのが。
人のことより、自分の「幸」(この主人公にとっては食事)を凄い楽しんでいるということ。

人の幸せは他人には理解出来ないこともあるけれど。
そんなのはどうでもいい。
自分が好きなことで幸せになりゃいいんだ。
そういう風に思わせてもらえました。

好きなこと、わかっていて、それが実行出来るって。
それだけで凄いことかもしれないですね。

引きこもっていて。


朝にのんびり布団でぬくぬく出来る幸せ♡
起きたくないですよね~。

…すずなは張り切ってますが。

アセンションとか目覚めって。
色々よくわからなかったのですが。
こういう引きこもりと似ているのかもしれませんよね。



マヤ暦が終わる云々の時に。
暗い時代から明るい時代へ。
みたいなことを云ってましたよね。

よく云われる例えに。
冬(種)⇒春(芽吹き)
というのがありますよね。


まぁ、私が例えるならば。
(この時期はわかりやすいでしょうか)
特にこの時期、布団から出たくない!(種の状態)
ぬくぬくしていたい~♡
でも。
寒いの我慢して起きたら起きた(芽吹きの状態)で、楽しいこともある(はず)
(というか、すずなが無理矢理起こす…。そしてすずなは楽しそう…)

布団から出たくない。と、布団でゴロゴロしていると。
あっという間に、1日(一生)は終わってしまう(種の状態)
それはそれで幸せですが。

でも時々、1日(一生)を無為に終わらせてしまったorz 
っていう罪悪感って出てきませんか?
何でしょうね、あれ。

自分がぬくぬくしていたかったからしていたのに。



だから遊ぼうと言っているんじゃんよ!

続きを読む »

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。