スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

癖と習慣と私・・・

無くて七癖、有って四十八癖


そもそも隠れる必要って、あったの?
何から隠れる必要があったの?
恥ずかしいって何が?
自分の存在そのものが恥ずかしいって?
何で?
姿形?
恰好?
年?
何が?
・・・・云々。

そう、自分に問いかけてみる。


ねぇねぇアナタ。
?隠れないとならない事をした?
(・・巻き込まれるのは沢山あったからね

お天道様を見られない事はしてないよね?
(・・自己判断だけれどもね

?上を見ないで歩ける?
(・・ってか、上見てたら危なくね?
上ばっか見てたら落とし穴にはまるかもしれんし。
下見て歩けば、お金拾えるかもしらんから、上を見て歩けはしないよね・・・)
いやいや違うって。
上を、というか、真っ直ぐ前を向いて歩く事。
それって誰の許可がいる?
というか、逆に。
真っ直ぐ歩かなかったら危ないよね?
その方が迷惑だよね?
前見てなきゃ「どこ見て歩いとんじゃワレ!」って、逆に怒鳴られるよね?

諦めるって、何を?
(・・だって、やっても無駄っしょ。この世界は不平等だし、抗うのは面倒でしょ)
?同じ権利を持っているのに諦めるって何?
この日本は基本的に、勉強もスポーツも、機会は平等に与えられているんだよ?
やらないのは勿体なくない?
云々、って。

何で?何で?何で?

習慣にしている癖を問いただしてみる。

すると。
合理的ではない反論も、合理的な反論も、沢山出てくるのですよ。

何で、自分で駄目だと思う?
何で、自分を駄目だと思う?

人に云われたから駄目って、何が駄目?
他人にアナタの何がわかる?
それでも他人の云った駄目を採用する?
何で?


アナタはあなたのもっている、習慣にしている癖で。
アナタはあなたに、、駄目出しをしていませんか?

えぇ、人の事なんか云えた義理はありませんがね ( ̄^ ̄)エヘン
(なぜ、エラそうに・・・・)
だからこそ、こうやって書けるんでしょうから。


今、人の親の人。
子供の「何で?」と云う言葉。
逃げてませんか?

それこそが、あなたにとって必要な「何か」かもしれませんよ ( ̄ー ̄)ニヤリ

スポンサーサイト

テーマ : モノの見方、考え方。 - ジャンル : 心と身体

時・ドキ・刻?

(昨日、時と書いたので)

“生物“が刻む時。
それはどれも同じと云われている。
象から蟻まで。
平等らしい。


よく。
時間は不平等と云う事も聞くし、反対に時間は平等とも聞く。

あなたはどちらを選択しますか?

どちらも間違いでも、正解でも、無い。んだと思いますが。


人間が持っている時計。
それは「生物」が持っている「時間」の概念とは少し違う見方も出来ます。

細胞としての生命時間もありますが。
感覚を測る心の時間であったりもします。


細胞としての時間は平等か?
と云われれば。
遺伝子が傷ついている人にとっては・・・。
不平等でもありますよね?

心の時間は平等か?
と云われれば。
試験中って、時間経つの、遅いですよね?
逆に、楽しい事ってあっという間に終わっちゃいますよね?

こう考えると、時間は不平等にも思える。

しかし、その不平等のその時間を管理する事は可能でもあります。
特に、今のご時世は。

肉体を持った時間旅行はまだまだ先になるでしょうけれど。
意識を飛ばす、時間旅行は出来るとも云われています。


細胞の時間を遅くする事も出来ますが。
それは、普通の健康の人に限る、んでしょうか。

心の時間は、自分の想いで変えられます。

時間は一定を流れているようで、流れていません。
というか、一定の時間という概念は誰が決めるもんなんでしょうね?

体(細胞)と心の時間というのも、平等ではないですよね?
でも、心の想いが優先されて、体の時間を決める事が出来ます。


それをどう使うかは、あなた自身で決められます。

決定権は、アナタにあります。

さて、どうします?

ふと思ふ。

何で、卑屈になるのが当然だと思うんだ?と。

そりゃ、自分で(卑屈になるのが)当然だと思っていたから、当然と思ったんでしょう。
当然の結果でしょ(理由は単純)

ただそうやって、自分が思い込んでいたんですよね orz ・・・

三つ子の魂百まで、とはよくいったものだ。

自分で決めちゃったから。
その役を・・・。
卑屈になるという『役』を。

一旦その役にハマると、他人はそう扱ってくれるんだよね。
でもって、その役から逃れるのが段々と難しくなるのよねぇ・・。

癖、癖

くせえ(臭ぇ)って?
・・・・
Σ( ̄◆ ̄*)

ちゃいます、癖ですがな・・。

ふと。
「癖」って何だか虫に似てません?

字だけ見てると、何だか「カイカイ虫」みたいな感じがしてくる・・・。




(長文も「癖」だわ・・。短めに、短めに・・)



卑屈な態度を続けていくと。
・・・・・。

段々と自分で自分をそんな人間だって、貶めていっちゃう。

これって、癖と同じです。

癖というか、もうね、私は習慣と化していた。

段々と、底面にいるのが当然に思えてきちゃって。
そうしていないと、逆に落ち着かないというか (==;)ゞ

少しでも褒められると。
どこかに落とし穴があるんじゃないだろうか?
と疑心暗鬼になっていったり。


それに、卑屈さに慣れてしまうとね。

今より底下にはいかないだろう・・・。
という思考から、上を見れなくなっちゃうし。

本当にここは下なんだろうか?
って、今以上に底辺を探してしまうんだよね。

下手したら、自分で自分の墓を掘っていく。
まさに「墓穴を掘る」という・・。
「穴があったら入りたい」・・・。


結局は、それも逃げの考えでもあったのかな。
逃げを簡単に云えば。
「諦め」

抵抗する事にも諦めていた。
(そんな事に時間費やすのも、面倒だったんでしょうがね)

そういう卑下した自分が当然だと思っていた。
(囚人と看守の話しじゃないけれど)

上を見ると、落とされる。
飛ぶ鳥は、鉄砲を持った猟師に撃ち落される。
だから藪の中で身を潜めているべきだ。って。

ぐちり・・

まぁ。
愚痴を云う理由は、人それぞれでしょうが。

すっきりするとか、何とかね。

というか、それだけモヤモヤため込んできたんだよねぇ (;;)
便秘は体によくないし、ため込むと下手すりゃ病院沙汰になるのに。
どうして心の便秘はあんまり何も云わないんだろうね?
恥?

私が愚痴(?)を云っていた理由というのがわかりまして。
ちょっと書いてみましょかね。
(え?これも言い訳だって?まぁ、そう云わんと)


よく云われる事なので、つまらん理由なんですがね。
(盛り上げたいので、もっと面白い理由はないもんか?!
と探しましたが。
・・・ありませんでした・・・orz 残念・・)


「不幸でなければならない」

そう思い込んでいたからです。
多くの人が思い込んでいるみたいですね。
特に日本人は。

ぶっちゃけ、不幸自慢をすることで。
私はあなたよりも下だから許してほしい。
という心根が存在しておりました (==;)ゞ ポリポリ

あと、弱みを見せる事で、私はあなたよりも立場は下ですよ。
と態度であらわしていたんでしょうね。

動物って、弱みをみせたら負け(死)じゃないですか。
弱みをみせるくらいあなたよりも下ですよ。
(いつでも殺せるのだから、今は勘弁してほしい)
っていう意味があったりもしたんですかね~。

なぜなら?
物心ついた頃から、他人よりも自分が下にいる方が。
周りとの関係がうまくいくと学んだせいもありますが。

私の周りは、自分が優位に立ちたいという子が多くて。
目立ちたい子よりも、ちょっとした事をして目立つと、総スカンされました。
あの統率力というのは、素晴らしいですよ(大人が見習えますよ!?)
目立つつもりは全くなかったのですが。
人と違う事をしている子供だったので(無自覚)目立っていたんでしょうね。

そして。
それだけ自信の無い子が多かったんでしょうね。
自分に自信があれば、他人など気にもならなかったし。
(というか、いじめが酷かったから、生贄の羊にならないように、皆必死だったっけ・・。
こうなると何がよい・悪いではないんですよね)
その原因や理由も見えていたので、今はよくわかりますが。
当時は、ね・。


カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。